最終更新日 : 2018年4月13日

外部サイトへの接続

ここから先は野村證券株式会社のホームページになります。

個人型確定拠出年金

運用イメージ

みなさんがご自身の年金資産を運用される際、どのように運用商品を分散したらよいかの参考となる、代表的な資産配分モデルをご紹介いたします。インターネットサービスの初回配分シミュレーションとあわせて、自分にあった資産配分をご検討ください。

代表的な資産配分モデルと運用イメージ[pdf]

代表的な資産配分モデルと運用イメージ(内容一部抜粋)

■日本の公的年金はどのように運用している?

代表的な資産配分モデルと運用イメージグラフ日本の公的年金制度である国民年金や厚生年金の積立金は、GPIF(年金積立金管理運用独立法人)が運用しています。
2014年10月末以降、今後の国内金利上昇やインフレなどを想定し、これまで国内債券(国債)中心の運用から、国内外の株式割合を全体の50%に引き上げて運用することとしました。
参考:GPIFに最も近い資産配分モデル・・・成長型

※年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)ホームページより

お問い合わせや
資料のご請求先
岩手銀行確定拠出年金コールセンター0120-945-856平日 9:00~21:00 土日 9:00~17:00
(祝日、年末年始を除く)
《いわぎん》
個人型確定拠出年金プランにご加入の方
確定拠出年金総合サービス
  • ※野村證券株式会社へリンクします。
ページトップへ戻る