最終更新日 : 2016年09月02日
株式会社 岩手銀行
登録金融機関 東北財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会

《いわぎん》積立投資信託「ステップ-I」

ドルコスト平均法を使った積立方式を活用して、将来に向けた資産づくりをはじめませんか。

積立投資信託とは?

お客さまご指定の預金口座より、指定された金額を振替指定日にお支払いいただき、投資信託を毎月継続的に自動購入していくサービスです。

積立方式を利用した時のメリットとは?

ドルコスト平均法を使った積立方式

  • 日々の基準価額に一喜一憂していつが買い時なのかを悩むより、一定の金額を一定の間隔で特定のファンドに継続的に投資する方法が、有効とされています。この投資手法を「ドルコスト平均法」といいます。
  • いわぎん積立投信「ステップ-I」は一定金額で毎月購入していきますので、下の図のとおり基準価額が低いときは購入口数が多くなる一方、基準価額が高いときは購入口数が少なくなります。一定口数ずつ、あるいは一回にまとめて購入する場合に比べて、投資タイミングによるリスクが少なくなる効果が期待できます。

ドルコスト平均法を使った積立方式(イメージ図1)

ドルコスト平均法を使った積立方式(イメージ図2)

ドルコスト平均法を利用することで同じ投資金額でも
一口あたりの単価が約1,500円も安くなりました。

つみたてのチカラ

毎月すこしずつ!積立投資の効果

  • ○投資信託の評価額は、「基準価額(1口あたりの価額)×口数」となります。
  • ○定期的に一定額を購入する積立投資の場合、「基準価額」が下がれば、より多くの「口数」を購入することが可能になります。
  • ○基準価額が下がったときに多くの口数を購入しておくことで、その後、基準価額が上昇したときに投資信託の評価額が大きくなる効果が期待できます。

具体的に見ていきましょう!
<たとえばこんな相場では>

ケース1下記のような値動きをするXファンドがあります。

価格の推移。購入時10,000円、7年後2,000円、10年後5,000円

この投資信託に・・・

Aさんの場合Aファンドに120万円を一括投資。Dさんの場合Aファンドに積立投信で毎月1万円10年間投資

購入当初から価格が右肩上がりなら一括で購入した方が、大きな利益が期待できますが、そのようなファンドに狙って投資するのは難しいですよね。

上の図から分かるように、積立投資を利用した場合、同じ120万円を投資しているのに、一括で投資したAさんより、コツコツと1万円ずつ投資したDさんの方が利益が出る結果 となりました。

このように、積立投資は価格が下がってもある程度の回復で利益を出せる可能性が高い投資方法だということが分かります。

積立投資のいいところは、基準価額が低いときにたくさん口数を買って、基準価額が高いときには少ない口数を買うことです。
この効果をより高めるには、早く始め、継続することがポイントです。
Xファンドのように値下がりした後に、回復すれば、投資開始時より基準価額の評価額がプラスになることもあります。

ケース2下記のような値動きをするX・Yファンドがあります。

Aファンドの価格の推移。購入時10,000円、7年後18,000円、10年後15,000円。Bファンドの価格の推移。購入時10,000円、7年後2,000円、10年後5,000円。

Aファンドの運用結果

Bファンドの運用結果

上の図から分かるように、スタート時と10年後の基準価額を比較すると、Xファンドは1.5倍、Yファンドは半分です。しかし、積立投信の場合はYファンドの値動きの方が良い結果となっています。
Yファンドの値動きの場合は、基準価額が下がったときに多くの口数を購入でき、その後、基準価額が上昇したことでXファンドの値動きの場合に比べて良い結果となっています。

このように、積立投資は価格が下がっても、価格が上がった場合より利益がでる場合もあります。

値上がり時は平均取得価額が上がってしまうので、その後値下がりすると投資信託の評価額も下がってしまいます。一方、値下がり時には平均取得価額も下がりますので、その後値上がりした場合に有利になる場合があります。

※上記の内容はあくまでもイメージであり、実際の運用成果を示すものではありません。

《いわぎん》積立投資信託「ステップ-I」の商品概要

ご購入いただける方個人の方に限ります
お申込み単位5千円以上、1千円単位
(ボーナス月など年1回または年2回(6ヵ月間隔)増額することができます。)

※購入手数料(税込)が必要なファンドの場合は、振替金額より充当します。

購入申込日毎月5日または20日のどちらかをご指定ください。

※指定金額を購入申込日の前営業日に指定預金口座より振替させていただきます。

変更・中止本サービスにお申込みいただいた内容を変更するとき、またはお買付を中止するときは、次回購入申込日の5営業日前(次回購入申込日を含まない)までに取扱店でお手続きください。

※なお、本サービスにより購入されたファンドをご解約する場合は、別途「投資信託解約申込書」をご提出ください。

ご注意お振替金額が指定預金口座のお支払可能残高を超える場合は、その月の口座振替および購入は行いません。
ページトップへ戻る