外部サイトへの接続

ここから先は金融庁のホームページになります。

外部サイトへの接続

ここから先は金融庁のホームページになります。

株式会社 岩手銀行
登録金融機関 東北財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会

NISA(少額投資非課税制度)

いわぎんではじめるNISA(ニーサ)(少額投資非課税制度)

NISAニーサ(少額投資非課税制度)とは?

「NISA(ニーサ)」とは、上場株式や株式投資信託等の配当所得や譲渡所得にかかる税金が非課税となる制度で、「NISA」の非課税口座を利用することで、毎年120万円(最大600万円)までの上場株式や株式投資信託の値上がり益や配当、分配金が5年間非課税となります。

NISAニーサのポイント

株式投資信託・上場株式の配当所得、譲渡所得が非課税対象。非課税枠は毎年、新規投資額で100万円を上限。非課税期間は5年間。非課税投資額は最大500万円(毎年100万円×5年間)。有資格者は20歳以上の日本の居住者。制度継続期間は最長10年間。

制度のイメージ

制度のイメージ図

※上記は、当資料作成時点の税制に基づくものであり、今後税制等は変更となる場合があります。

平成28年1月から
NISA制度が変わります!

NISA制度が変わります!

変更点1年間投資額の上限が拡大されます。

  • ・年間上限100万円
    ⇒ 120万円まで20万円UP
  • ・12の倍数とすることで積立投資に便利な
    金額になります。

積立投資とは

上場株式や公募株式投資信託等に毎月こつこつと定額ずつ投資していくことで、時間的分散によるリスク分散の効果が得られます。

NISA<ニーサ>が平成28年から変わります!(金融庁及びNISA推進・連絡協議会によるリーフレット)(PDF:489KB)

変更点2ジュニアNISAの開始

1.
子どもの将来に向けた資産運用のための制度
2.
日本に住む0~19歳の未成年者が口座開設できます
(親権者等が代理で資産運用を行うことができます)
3.
投資上限額は、毎年80万円まで(5年間で最大400万円)
4.
非課税期間はNISAと同じ、投資した年から5年間
5.
投資額からの収益(売却益・配当等)はもちろん非課税
6.
20歳以降は自動的にNISA口座が開設されます

平成28年からジュニアNISAが始まります!(金融庁及びNISA推進・連絡協議会によるリーフレット)(PDF:553KB)

ページトップへ戻る