最終更新日 : 2015年3月21日
外貨預金 米ドル、ユーロ、豪ドルのお取扱いしております。
株式会社 岩手銀行
登録金融機関 東北財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会

外貨預金とは?

外貨預金とは、日本の円を米ドルなどの外貨に交換、あるいはお手持ちの外貨で預入れる預金のことです。
円の預金と同じように、普通預金や定期預金といった種類があります。
普通預金ならいつでも出し入れでき、定期預金は満期日に元利金をお支払いするなど基本的には円預金と同じですが、為替相場の変動がある点など円預金と異なる部分もあります。
円高で預け、円安で払い出すのがポイントです。資産運用プランの一つにぜひご検討ください。

外貨預金の金利について

預金金利は、その国々の経済情勢などにより異なります。外貨預金の金利は、市場の動向に応じて決定されますので、通貨によっては、円預金の金利よりも高い場合があります。
(なお、預入時と払い戻し時の為替レートに差があるため、円貨ベースの利回りは低下します。)

為替について

外貨預金は円貨を外貨に替えて運用するので、払い戻し時の為替相場によって円貨での払い戻し額がかわります。
為替のタイミングをうまくとらえて運用できれば為替差益も期待できます。ただし、相場状況によっては為替差損を被ることがあります。
円相場が預入時よりも「円安」・「円高」それぞれの場合で、以下の差益・損が生じます。

為替損益図

電話で相談する

ダイレクトバンキングセンター

0120-788-506

平日9:00〜17:00(銀行休業日は除く)

※お客さまの電話の種類(IP電話など)によっては、フリーダイヤルがご利用いただけない場合があります。

ページトップへ戻る