最終更新日 : 2017年6月23日

財務ハイライト (平成28年度決算)

預金等残高

預金等残高は、個人預金および法人預金などが増加したことから、前年度比312億円(0.9%)増加の3兆2,797億円となりました。

預金・譲渡性預金のグラフ

貸出金残高

貸出金残高は、個人向け貸出が増加したものの、法人向け貸し出しおよび地方公共団体向け貸出が減少したことから、前年度比662億円(3.7%)減少の1兆7,066億円となりました。

貸出金グラフ

有価証券残高

有価証券残高は、投資信託等の運用残高が増加したことなどにより、前年度比262億円(1.9%)増加の1兆3,470億円となりました。

有価証券グラフ

経常利益・当期純利益

経常利益は、不良債権処理額は減少したものの、資金利益や有価証券関係損益の減少などにより36億円減少の75億円となりました。
当期純利益は、退職給付制度の変更に伴う特別利益を計上したものの、経常利益の減少により14億円減少の56億円となりました。

経常利益、当期純利益グラフ

自己資本比率

自己資本比率は、平成25年度より新基準(バーゼルⅢ)で算出しております。当行単体の自己資本比率は、劣後ローンの返済による自己資本額の減少や、リスクアセットが増加したことなどにより単体ベースで前年度比0.65ポイント低下の12.38%となりました。
  • ※Tier Ⅰ 比率とは、資本金や資本剰余金、利益剰余金などの基本的項目のみから算出される自己資本比率です。
自己資本比率グラフ
ページトップへ戻る