最終更新日 : 2015年04月07日

《いわぎん》入金照合サービス 〜振込入金の照合・確認に係る事務負担を軽減!〜

概要

《いわぎん》入金照合サービスは、貴社の販売代金等の請求先に対して、それぞれ別々の「振込専用口座(※)」を割り当てることにより、振込依頼人を特定し、振込入金の照合・確認に係る事務負担の軽減を図ることができるサービスです。
本サービスでは、振込専用口座番号が集計キーとなるため、次のような場合でも、振込人の特定を簡単に行うことができます。

  • 同姓同名からの振込
  • 家族名義での振込
  • 保証人、友人等第三者からの振込
  • 職場名での振込
  • 企業略称や屋号での振込
  • 部門名相違の振込
  • 間違った振込人名での振込
  • ※振込専用口座は、本サービスを利用するにあたって、振込のみを受付するための専用口座で、当行「振込専用支店」に開設します。

メリット

入金照合事務の効率化を図ることができます
お取引先ごとに指定した口座番号ヘ振込が行われることにより、入金照合のための事務負担が従来に比べ軽減され、事務の効率化を図ることができます。
売上債権にかかる回収管理を強化することができます
入金状況の把握が容易になることで売上債権の回収管理が強化され、未入金先に対して早期の対応(督促等)が可能になります。
資金運用の効率化を図ることができます
入金確認に要する時間が短縮されることで、利用可能な資金を早期に確定でき、資金運用の効率化を図ることができます。
顧客サービスの向上が期待できます
入金確認のための電話照会やお取引先への誤った督促、入金確認が遅れることによる商品発送の遅延等がなくなり、顧客サービスの向上が期待できます。

サービスの仕組み

サービスの仕組み図
  1. ① 貴社からサービス申込を受け、当行では「振込専用口座」を提供します。
  2. ② 貴社にて、請求先ごとに振込専用口座番号を割り当てていただきます。
  3. ③ 貴社にて、割り当てた振込専用口座番号を印刷した請求書を作成し、請求先に対して送付します。
  4. ④ 請求先(振込人)では、指定された振込専用支店/振込専用口座宛に振込を行います。
  5. ⑤ 振込専用口座宛の振込資金は即時に貴社のお取引店の振込入金指定口座へ入金(振替処理)されます。
  6. ⑥ 貴社にて、EBサービスを利用して入金指定口座の入金明細データを取得します。
  7. ⑦ 上記により取得した明細データをもとに、振込専用口座番号をキーにして請求データとの照合を行います。

ご利用料金

《いわぎん》 入金照合サービスをご利用いただ く際の利用料金は次のとおりです。

初回契約料108,000円
月額基本手数料21,600円
月額口座使用料
(振込専用口座100口座あたり)
540円

(消費税込)

  • ※振込専用口座は100口座単位(連番) でお申込みいただけます。
  • ※基本手数料は、当月分(サービス開始月を除く)について翌月の10日(銀行休業日の揚合は翌営業日)に頂戴いたします。
  • ※口座使用料は、当月末(サービス開始月を除く)の振込専用口座数に基づいて計算された金額を、翌月10日(銀行休業日の揚合は翌営業日)に頂戴いたします。
  • ※入金明細をデータファイルとして取得する場合には、本サービスのほか、当行EBサービスにおける「データ通知サービス」 を別途お申込みいただく必要があります(別途EB関連手数料が必要となります)。

ご利用にあたって

  1. 入金明細をデータファイルとして取得するには、当行EBサービスを別途ご契約いただき、「データ通知サービス(「入出金明細サービス」あるいは「振込明細通知サービス」)」をお申込みいただく必要があります。
  2. 請求先ごとに指定(割り当て)した振込専用口座番号を請求書等ヘ印字する(もしくはあらかじめ振込専用口座番号が印字された請求書等ヘ該当の請求金額を印字する)仕組みについては、貴社にてご用意いだだく必要があります。
  3. 大量の入金明細データと請求データを、振込専用口座をキーにして自動照合するための仕組みについては、貴社にてご用意いただく必要があります。
  • ※ 本サービスは、三井住友銀行と、同行が有する特許第3029421号について、通常実施権許諾契約を締結しております。

窓口で相談する

ページトップへ戻る