最終更新日 : 2015年04月04日

ABL(動産・債券担保融資) 〜安定的な運転資金枠の確保〜

ABLとは?
ABL(動産・売掛金担保融資)とは、企業の事業そのものに着目し、在庫や売掛金、機械設備等を活用する融資手法です。担保にできる不動産を保有していない場合でも、在庫や売掛金、機械設備等を活用することで、新たな資金調達の道が開かれます。
ご利用のメリット
商品在庫や売掛金などの流動資産を有効に活用することにより、不動産担保や第三者保証人によらない資金調達が可能となります。商品在庫や売掛金などの残高を定期的に情報提供いただくことで、安定的な運転資金枠の確保を図ることが可能となります。
ABL(動産担保融資)の仕組み

ABLの実行例

担保例集合動産米、サバ・イカ等水産加工品および原材料、日本酒、冷凍和菓子、冷麺等麺類加工品、肥育牛等
個別動産機械設備、建設機械等
債権売掛金、診療報酬、介護報酬、売電債権等
今後の取り組み当行では、外部評価機関より認定を受けた動産評価アドバイザーのノウハウ等を活用し、地元企業の円滑な資金調達を支援するため、ABLの取組みを一層充実してまいります。
ページトップへ戻る